コンテンツ・メニュー

メニューをスキップ

風力発電システム

4.風力発電のサイト適合性評価手法

「風力発電のサイト適合性評価手法」は、風車又はウィンドファームを設置するサイト条件の評価及びサイト条件と選定した風車との適合性を評価する手順を記しています。手法は5.資料より閲覧可能です。評価の手順及び範囲を図4に示します。

本手法は、設置計画を行う事業者による事業評価、第三者による適合性評価及び国の審査における評価での活用を目指し、これにより国内に設置する風車の安全性及び設備利用率の向上、さらに事業計画又は評価審査の作業の簡素化に寄与することで、国内への風力発電の更なる普及を促進することを期待します。

(図4)サイト適合性評価の評価手順及び範囲

【図4】 サイト適合性評価の評価手順及び範囲


  風力発電のサイト適合性評価手法
資料 PDF
風力発電のサイト適合性評価手法 2017年3月

上記の手法は、平成24年~平成26年に実施された経済産業省委託事業「新エネルギー等共通基盤整備促進事業(テーマ名:風力発電システムに関するサイト適合性評価手法の開発)」において、株式会社三菱総合研究所が、一般社団法人日本電機工業会、株式会社東洋設計及び株式会社風力エネルギー研究所に再委託し、2015年3月に第1版として取りまとめ、その後、2017年3月に改訂した第2版である。本資料は、経済産業省より弊会が著作権を譲渡されたものであり、弊会以外のホームページ等への無断転載・転用を禁止します。