コンテンツ・メニュー

メニューをスキップ

1. JEMAにおけるHEMS関連の取り組み

基本方針

HEMSを構成する各種機器(コントローラを含む)を取り扱う業界団体として,機器横断的に情報を共有し,社会的に必要とされる共通のユースケースに関する課題への取り組みや,国・関連団体等への意見発信などを通じて,HEMSの普及促進と会員企業の事業拡大に資する。

1.1 委員会体制

関連分野が多岐に亘るため、部横断的な委員会体制としています。

委員会体制

※2019年度に,従来のHEMSコントローラ分科会を改編して,VPP分科会とホームコントローラ分科会
 を新たに設置しました。

1.2 各委員会/分科会/WGの活動概要

  主な活動内容 参加メーカー数
連携先
HEMS
専門委員会
・ 各分科会等の活動状況や、国、関係団体などの関連動向について
情報を共有し、HEMS関連分野におけるJEMAの活動の方向付けや
広報活動などを行っています。
・ 経済産業省のERAB検討会への参加など、国の施策や方針に沿った
活動と、機器及びHEMSメーカーとしての意見発信を行っています。
18社
・ エコーネットコンソーシアム
・ 住宅生産団体連合会
太陽光発電
分科会
・ 太陽光発電システムとHEMSの連携によるビジネス分野に関わる
活動を行っています。ERAB検討会ECHONET Lite WGにおいて、
VPP対応のためのECHONET Liteプロパティの拡張案を策定して
第8回ERAB検討会で報告すると共に、AIF仕様及び認証試験方法案の
策定などを行いました。
14社
・ 太陽光発電協会
蓄電池分科会 ・ 蓄電システムとHEMSの連携によるビジネス分野に関わる活動を
行っています。2019年度は、蓄電池からの逆潮流に対応するための
ECHONET Liteプロパティ案の策定などを行いました。
17社
・ 電池工業会
エアコン
分科会
・エアコンとHEMSの連携によるビジネス分野に関わる活動を行っていま
す。2019年度は、HEMSを介してエアコンを遠隔制御する際の、安全面
で配慮するべき事項に関して、JET遠隔操作システム認証基準の試験方法案や、ECHONET Lite AIF仕様案の取りまとめを行いました。
7社
・ 日本冷凍空調工業会
VPP
分科会
・ 2021年度から始まる需給調整市場の立上げに向けて、ERAB検討会で
拡張したECHONET Liteの妥当性やアグリゲータからのコントローラ/機器
への要望を確認し、メーカーとして必要な対応を行うことを目的として2019年7月に設立しました。
・ 2019年度は、VPP/V2G実証事業者へのアンケートとその結果に基づく
対応方針等のとりまとめ、及び調整力市場や計量に関わる制度に関する
メーカー意見の発信などを行いました。
16社
・ エコーネットコンソーシアム
ホームコントローラ 分科会 ・ エネマネ以外も含む多様なサービス分野でのコントローラのあり方
について検討し、その普及策やメーカーとして必要な対応を行うことを
目的として2019年8月に設立しました。
・ 2019年度は、各種サービスにおいて家庭内の機器を制御するシステム
構成の比較検討を行い、 JEMAとしての考え方を整理しました。
9社
・ エコーネットコンソーシアム
接続課題検討分科会 ・ HEMSにおける機器接続に関する課題の抽出とその解決策の検討を
行っています。2017年度に、相互接続に係わるトラブルシュートの事例
集や情報公開に関するガイドラインを策定してJEMAウェブサイトで
公開し、2018年度は事例の追加や改訂を行いました。
9社
・ エコーネットコンソーシアム
HEMS普及WG ・ 住宅生産団体連合会及びエコーネットコンソーシアムとの合同WGで、
IoT住宅におけるユースケースの検討やHEMSのメリットをアピールする
普及啓発活動を行っています。
・ 2019年度は、経済産業省ZEHロードマップフォローアップ委員会への意見発信や、ENEX/Smart Energy Japan 2020への共同出展などを行いました。
3社
・ エコーネット
コンソーシアム
・ 住宅生産団体
 連合会

1.3 国の研究会等への参加と意見発信

  1. エネルギー・リソース・アグリゲーション・ビジネス(ERAB)検討会
               (経済産業省 資源エネルギー庁 新エネルギーシステム課)  
    ・ ERAB検討会と,傘下でVPP対応のためのECHONET Lite規格拡張を検討するECHONET Lite WGに参加しています。ECHONET Lite WGでは, HEMSコントローラーや蓄電システムなどの機器メーカーとして,アグリゲーター他と議論を行って仕様拡張案の策定を行いました。
    第9回ERAB検討会では、VPPにおいてHEMSに求められる仕様案やマルチ入力PCSのECHONET Liteプロパティ案を報告しました。

  2. スマートハウス・ビル標準・事業促進検討会   (経済産業省 情報経済課)
    ・ 2012年6月の設立当初から委員参加して,傘下のHEMS-TFにおいて,太陽光発電,蓄電システム,及びエアコンの相互接続性確立に向けて,AIF(Application Interface)第三者認証制度構築のためのAIF仕様案や認証試験仕様案の策定などを行いました。2017年度からは,新設された普及促進TFにも委員参加しています。

  3. ZEHロードマップフォローアップ委員会    (経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー課)
    ・ 2017年度の設立時から委員会に参加して,ZEHの追加要件としてのHEMSのあり方やZEH+の要件などに関して意見発信を行っています。

1.4 主要成果物,外部発表等(2017年1月~)

  1. ERAB検討会での報告
  2. (1)ERAB検討会での報告
         「太陽光発電システムのVPPリソース化に向けたECHONETプロパティ案」(2018.9.28 第8回)
      http://www.meti.go.jp/shingikai/energy_environment/energy_resource/pdf/008_05_02.pdf  新しいウィンドウで開きます
      「VPP活用できるHEMSコントローラの仕様案」(2018.9.28 第8回)
      http://www.meti.go.jp/shingikai/energy_environment/energy_resource/pdf/008_05_03.pdf  新しいウィンドウで開きます
      「マルチ入力PCSのVPPリソース化」(2018.9.28 第8回)
      http://www.meti.go.jp/shingikai/energy_environment/energy_resource/pdf/008_05_04.pdf  新しいウィンドウで開きます
      「VPPにおいて活用できるHEMSに求められる仕様案に関する検討結果」(2019.3.19 第9回)
      https://www.meti.go.jp/shingikai/energy_environment/energy_resource/pdf/009_05_00.pdf  新しいウィンドウで開きます
    (2)特定電気取引に関する計量課題研究会
    「エネルギー・リソース・アグリゲーション・ビジネス(ERAB)における機器計量」(2019.10.23 第3回)
      https://www.jemic.go.jp/gizyutu/20191023-Document3.pdf  新しいウィンドウで開きます

  3. 外部講演
  4.   「工業会からのECHONET Lite規格・AIF認証制度への期待」
                     (2016.1.29 2015年度ECHONET Lite 普及促進シンポジウム)
      「JEMAの取り組みについて」    (2016.12.7 2016年度ECHONET Lite 普及促進シンポジウム)
      「ERABの推進とこれからのHEMS」   (2017.7.6 PV-Japan 2017)
      「ZEHにおけるHEMSの活用について」   (2018.2.21 平成30年度ZEH施策説明会)
      「ZEH+における高度エネマネの展開」   (2018.5.29 新・ZEHロードマップシンポジウム)
      「スマート化の時代を迎えた需要サイドの低炭素化に向けた将来像と課題」
                      (2019.11.7 一般社団法人 電気協同研究会 令和元年度研究討論会)
      「太陽光発電余剰エネルギーを活用した新しいビジネスの方向性」
                      (2019.12.5 公益財団法人くれ産業振興センター経営人材育成講座)

  5. パンフレット等
  6.   「ZEH・HEMS・IoT住宅で,省エネで快適な住まいに VOL2」新しいウィンドウで開きます
                  (2018.9 住団連,エコーネットコンソーシアムとの連名リーフレット)
      「住まいの性能図鑑」    (2017.10 住団連,エコーネットコンソーシアムとの連名小冊子)

  7. ガイドライン等
  8.   「相互接続における情報公開のためのガイドライン」第1.1版 (2019.1 接続課題検討分科会) 新しいウィンドウで開きます
      「HEMSにおけるトラブルシュートとトラブル未然防止のための事例集」第2.0版 (2019.1 接続課題検討分科会) 新しいウィンドウで開きます
  9. 展示会等
  10. 「相互接続性の向上に向けた取組みのご紹介」   (2020.1 ENEX/Smart Energy Japan 2020)