コンテンツ・メニュー

メニューをスキップ

1. JEMAにおけるHEMS関連の取り組み

基本方針

HEMSを構成する各種機器(コントローラを含む)を取り扱う業界として,機器横断的に情報を共有し,社会的に必要とされる共通のユースケースに関する課題への取り組みや,国・関連団体等への意見発信などを通じて,HEMSの普及促進と会員企業の事業拡大に資する。

1.1 委員会体制

関連分野が多岐に亘るため、部横断的な委員会体制としています。

委員会体制

1.2 各委員会/分科会/WGの活動概要

  主な活動内容 参加メーカー数
連携先
HEMS
専門委員会
・ 各分科会等の活動状況や、国、関係団体などの関連動向について
情報を共有し、HEMS関連分野におけるJEMAの活動の方向付けや
広報活動などを行っています。
・ 経済産業省のERAB検討会への参加など、国の施策や方針に沿った
活動と、機器及びHEMSメーカーとしての意見発信を行っています。
18社
・ エコーネット
 コンソーシアム
・ 住宅生産団体
 連合会
太陽光発電
分科会
・ 太陽光発電システムとHEMSの連携によるビジネス分野に関わる
活動を行っています。2018年度は、VPP対応のための
ECHONET Liteプロパティの拡張案を策定して第8回ERAB検討会で
報告すると共に、AIF仕様及び認証試験方法案の策定などを行いました。
14社
・ 太陽光発電協会
蓄電池分科会 ・ 蓄電システムとHEMSの連携によるビジネス分野に関わる活動を
行っています。2018年度は、太陽光発電分科会と連携して、
マルチ入力PCSをVPPで活用するためのECHONET Lite
プロパティ案の策定などを行いました。
17社
・ 電池工業会
エアコン分科会 ・エアコンとHEMSの連携によるビジネス分野に関わる活動を
行っています。2018年度は、HEMSコントローラー分科会と連携して、
HEMSを介してエアコンを制御する時に配慮するべき事項の
取りまとめなどを行っています。
7社
・ 日本冷凍空調
 工業会
HEMS
コントローラー
分科会
・ HEMSコントローラーと各機器の連携による各種ビジネスモデルに
関する課題の検討を行っています。
2018年度からは、VPPにおいてHEMSを活用するときに必要となる
仕様案について、アグリゲーターと連携した検討を行っています。
9社
・ エコーネット
 コンソーシアム
接続課題検討
分科会
・ HEMSにおける機器接続に関する課題の抽出とその解決策の検討を
行っています。2017年度に、相互接続に係わるトラブルシュートの
事例集や情報公開に関するガイドラインを策定してJEMAウェブサイトで
公開し、2018年度は事例の追加や改訂を行いました。
9社
・ エコーネット
 コンソーシアム
HEMS普及WG ・ 住宅生産団体連合会及びエコーネットコンソーシアム
との合同WGで、IoT住宅におけるユースケースの
検討やHEMSのメリットをアピールする普及啓発活動を
行っています。
2018年度は、3団体連名のプロモーションリーフレットについて、
新たに定義されたZEH+の説明を記載した改訂版を作成しました。
3社
・ エコーネット
 コンソーシアム
・ 住宅生産団体
 連合会

1.3 国の研究会等への参加と意見発信

  1. エネルギー・リソース・アグリゲーション・ビジネス(ERAB)検討会
               (経済産業省 資源エネルギー庁 新エネルギーシステム課)  
    ・ ERAB検討会と,傘下でVPP対応のためのECHONET Lite規格拡張を検討するECHONET Lite WGに参加しています。ECHONET Lite WGでは, HEMSコントローラーや蓄電システムなどの機器メーカーとして,アグリゲーター他と議論を行って仕様拡張案の策定に参加しています。
    第8回ERAB検討会では,太陽光発電システムのVPPリソース化に向けたECHONET プロパティ案を報告し,VPPで活用できるHEMSコントローラーの仕様案検討とマルチ入力PCSをVPPリソースとして活用することについて提案しました。

  2. スマートハウス・ビル標準・事業促進検討会   (経済産業省 情報経済課)
    ・ 2012年6月の設立当初から委員参加して,傘下のHEMS-TFにおいて,太陽光発電,蓄電システム,及びエアコンの相互接続性確立に向けて,AIF(Application Interface)第三者認証制度構築のためのAIF仕様案や認証試験仕様案の策定などを行いました。2017年度からは,新設された普及促進TFにも委員参加しています。

  3. ZEHロードマップフォローアップ委員会    (経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー課)
    ・ 2017年度に新設された委員会に参加して,第1回で「ZEHにおけるHEMSの活用」について報告した他,ZEHの追加要件としてのHEMSのあり方などに関して意見発信を行っており、2018年5月のとりまとめで新たに定義されたZEH+の要件などに意見が反映されました。

1.4 主要成果物,外部発表等(2016年1月~)

  1. ERAB検討会での報告
  2.   「ECHONET Lite 蓄電池仕様拡張案」(2016.3.30 第2回)ECHONET Lite WGからの報告
      http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/energy_environment/energy_resource/pdf/002_02_00.pdf 新しいウィンドウで開きます
      「外部システムとの連携におけるHEMSの定義」(2016.9.14 第4回)
      http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/energy_environment/energy_resource/pdf/004_03_03.pdf 新しいウィンドウで開きます
      「VPPにおける蓄電システムのECHONET Lite仕様拡張関連の検討進捗状況」(2016.9.14 第4回)
      http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/energy_environment/energy_resource/pdf/004_03_04.pdf 新しいウィンドウで開きます
      「太陽光発電システムのVPPリソース化に向けたECHONETプロパティ案」(2018.9.28 第8回)
      http://www.meti.go.jp/shingikai/energy_environment/energy_resource/pdf/008_05_02.pdf  新しいウィンドウで開きます
      「VPP活用できるHEMSコントローラの仕様案」(2018.9.28 第8回)
      http://www.meti.go.jp/shingikai/energy_environment/energy_resource/pdf/008_05_03.pdf  新しいウィンドウで開きます
      「マルチ入力PCSのVPPリソース化」(2018.9.28 第8回)
      http://www.meti.go.jp/shingikai/energy_environment/energy_resource/pdf/008_05_04.pdf  新しいウィンドウで開きます

  3. 外部講演
  4.   「工業会からのECHONET Lite規格・AIF認証制度への期待」
                     (2016.1.29 2015年度ECHONET Lite 普及促進シンポジウム)
      「JEMAの取り組みについて」    (2016.12.7 2016年度ECHONET Lite 普及促進シンポジウム)
      「ERABの推進とこれからのHEMS」   (2017.7.6 PV-Japan 2017)
      「ZEHにおけるHEMSの活用について」   (2018.2.21 平成30年度ZEH施策説明会)
      「ZEH+における高度エネマネの展開」   (2018.5.29 新・ZEHロードマップシンポジウム)

  5. パンフレット等
  6.   「ZEH・HEMS・IoT住宅で,省エネで快適な住まいに VOL2」新しいウィンドウで開きます
                  (2018.9 住団連,エコーネットコンソーシアムとの連名リーフレット)
      「住まいの性能図鑑」    (2017.10 住団連,エコーネットコンソーシアムとの連名小冊子)

  7. ガイドライン等
  8.   「相互接続における情報公開のためのガイドライン」第1.1版 (2019.1 接続課題検討分科会) 新しいウィンドウで開きます
      「HEMSにおけるトラブルシュートとトラブル未然防止のための事例集」第2.0版 (2019.1 接続課題検討分科会) 新しいウィンドウで開きます