コンテンツ・メニュー

メニューをスキップ

認証制度

燃料電池システム認証の特徴

家庭用燃料電池認証システム検討委員会(2004年7月発足のJEMA常設委員会)
⇒ 2004年12月15日より世界に先駆けて、定置用小形(家庭用燃料電池を含む)の認証システム運用開始

  • (1)燃料電池システムのシステム認証
  • (2)複数の認証機関による認証が可能
  • (3)一箇所の申請で認証が可能なワンストップ認証
  • (4)複数の認証機関に共通した技術基準の作成

燃料電池 認証基準第9版(2015年10月30日発行)990KB

※現在、以下の3機関で燃料電池システムの認証を行っています。

燃料電池システム認証の流れ

燃料電池システム認証の流れ

ワンストップ認証フロー

ワンストップ認証フロー

燃料電池システムの認証マーク例

認証マーク例

市場クレームへの対応

市場クレームへの対応

getacroPDFファイルを閲覧するためにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerの最新版は、
Adobe社のホームページからダウンロードすることができますのでそちらから入手してください。