コンテンツ・メニュー

メニューをスキップ

ハイパワー家電

ハイパワー家電 お使いになるために 「単相3線式100V/200V配線」が必要です

  • 最近の住宅では、「単相3線式100/200V配線」が一般的ですが、集合住宅では100Vだけの場合があります。
  • 自宅に「単相3線式100/200V配線」がきているかどうかを調べるには、電力会社の料金メーター(積算電力量計)まで来ている電線の本数を見ればわかります。電線が3本であれば単相3線式100V/200Vが施設されているので、屋内配線工事又は接続変更工事により200V家電製品使用が可能です。

単相3線式100V/200Vの引込線工事とは

現在は特別の理由がないかぎり単相3線式で電力会社から配電されています。

新築の場合は、単相2線式(100V専用)とほとんど変わりません。増改築時に単相2線式から変更する場合は、引込線工事は電力会社が行いますが、引込線取付点から分電盤までの引込口配線工事は需要家の負担となります。

引込口配線や屋内配線の長さなど工事の程度により、費用は異なります。詳しくは電気工事店にご相談ください。

電気の引き込み方法

電気は通常、電柱から引込線で各家庭へ配電されています。

引込線は一般的に軒先などに取り付けられている引込線取付点までを指し、その先は引込口配線を経て屋内配線となっています。

電気設備の財産区分

引込線取付点が需要家の設備と電力会社の設備の境目(保安責任・財産分界点)となっています。