コンテンツ・メニュー

メニューをスキップ

低圧三相インダクションモータの海外高効率化動向 (2016年8月23日改訂)

2016.09.08

今般、2016年8月23日に、第9回目の改訂を致しましたので、ご活用願います。
なお、本表に記載のない国・地域についても規制が実施されている所もあります。 記載に当たっては、確度の高い情報に基づき行っておりますが、海外での規制で流動性もあることから、全ての内容を当会が保証するものではありません。

①台湾:2016年7月1日以降の内容に一本化。
②ブラジル:適用規格“NBR17098-1-2008 ”を“ABNT NBR 17094-1”に修正。
③ベトナム:記載内容を更新。

【過去の改訂履歴】
9)2015年7月31日に、第8回目の改訂を致しました。

 ①サウジアラビアを追加。
 ②台湾の規制情報の適用範囲:"モータ単体及びポンプ、圧縮機、ファンの特定設備に組み込まれたモータ"を
  "モータ単体及び特定設備(ポンプ、圧縮機及びファン)に組み込まれたモータ"に修正。
  特定設備は3機種(ポンプ、圧縮機及びファン)に限定されているため。

8)2015年5月26日に、第7回目の改訂を致しました。

 ①EUの規制情報で、規格を「IEC60034-30-1 (2014)」に修正。
 ②台湾の規制情報を追加。
 ③韓国の規制情報で「適用開始時期の変更、適用範囲拡大等」を反映。

7)2014年10月22日に、第6回目の改訂を致しました。

 ①米国規制中「キャンドモータ」を「イマーシブルモータ(Immersible electric motors)」と変更。
 ②米国規制中「インバータ専用モータ」を「インバータ駆動専用モータ」に統一。
 ③脚注の記載を修正。

6)2014年9月2日に、米国、EU、ロシア・ベラルーシ・カザフスタン、ベトナム及びメキシコ向けを中心に第5回目の改訂を致しました。

5)2013年7月8日に、韓国向けを中心に第4回目の改訂を致しました。

4)2012年9月24日に、中国向けを中心に第3回目の改訂をするとともに「中国のモータエネルギー消費効率規制について」を掲載致しました。

3)2012年8月27日に、中国向けを中心に第2回目改訂を致しました。

2)2011年9月22日に、米国向けを中心に第1回目改訂を致しました。

1)2010年7月に、間接輸出時における運用等に関連して、海外での低圧三相モータの高効率化動向に関して、特に韓国向けの問合せが多くなっていたため、低圧三相インダクションモータの海外高効率化動向について一般的な比較内容をご紹介することを目的に本資料を作成しました。

2016.09.08
低圧三相インダクションモータの海外高効率化動向 (2016年8月23日改訂)PDF140KB
            附表1:特殊仕様モータのエネルギー政策法対象範囲(米国)PDF82KB
            附表2:特殊仕様モータの対象範囲(韓国)PDF105KB
            附表一:効率レベルIE2(台湾)PDF145KB
            附表二:効率レベルIE3(台湾)PDF152KB

2012.09.24
中国のモータエネルギー消費効率規制についてPDF147KB

なお、当会に複数お寄せいただいたお問い合わせに関しまして、以下にとりまとめましたのでご参照ください。

2010.12.27
低圧三相インダクションモータの海外高効率化動向に関するご質問とご回答PDF142KB

【お問合わせ先】
重電部 産業機器企画業務課
TEL:03-3556-5885
FAX:03-3556-5890
getacroPDFファイルを閲覧するためにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerの最新版は、
Adobe社のホームページからダウンロードすることができますのでそちらから入手してください。