コンテンツ・メニュー

メニューをスキップ

オーブンレンジ・電子レンジ

加熱の仕組み

電子レンジ誕生のきっかけ

電波によって、物を加熱する方法を開発したのは、昭和20年にアメリカのレイセオン社のスペンサー博士で、レーダーの実験中に自分のポケットに入れていたチョコレートが電波(レーダー用の極超短波)で、瞬間的に溶けた現象を捉えて、研究開発されたものです。また我が国に電子レンジ技術が導入されたのは、昭和36年のことで、当初は業務用として開発され、後に一般家庭用商品として徐々に普及しました。

電波が熱源

電子レンジのエネルギー源は電波。テレビ(VHF・UHF)をはじめ、ラジオ・ステレオ、神経痛やリュウマチの治療に用いる高周波治療器なども、同じ電波を利用した身近な例です。
これらの電波はテレビに入れば映像になり、ラジオやステレオに入れば音声に、電子レンジでは食品に吸収されて熱に変わります。

見えない電波による振動が熱を生み出す

電子レンジの電波は、マグネトロンの先端のアンテナから放出されます。

この電波の周波数2,450メガヘルツ(MHz)。1秒間に24億5千万回も振動(プラス、マイナスの極が交替)する性質があります。電波が食品に含まれている水の分子などを振動させ、まさつ熱を生じさせます。このまさつ熱が広がって食品全体をあたためます。

こうして電波のエネルギーは効率よく熱エネルギーにかわります。


※側面や底面から電波が放出されている
 ものもあります

電波の性質

器を温めずに、中の食品だけを加熱することができるのは、電波の性質を上手に利用 しているからです。

  • 電波は食品や水に吸収

    電波は直進する性質があります。そして、水分を含んだ物質には吸収されて発熱します。電子レンジの加熱はすべてこの性質を利用したものです。

  • 電波は陶器やガラスを透過

    電波は陶器・ガラスなど水を含まない物質を透過します。

  • 電波は金属にあたると反射

    電波は金属にあたると反射します。そのため、金属製の容器を用いると容器の中の食品は温まりません。アルミホイルで魚の尾びれをおおったり、この性質を利用して、加熱しすぎないようにしているのです。