コンテンツ・メニュー

メニューをスキップ

空気清浄機


Q&A (よくある質問)

1.空気清浄機の必要性(メリット)ってなんですか?

1.最近のご家庭では、冷暖房や花粉侵入防止として 締め切った状態が多くなっています。なので一度浮遊する汚れが発生したり、外から入ると、汚れた状態が蓄積します。しかもカビ菌などはカビとして繁殖することもあります。空気清浄機は効率よくお部屋の空気を清浄します。

2.空気清浄機ではすべての汚れが除去できるのですか?

2.すべて除去できるわけではありません。たばこの有害物質(一酸化炭素(CO)など)は除去できません。
常時発生する臭い成分(建材・ペット臭等)はすべて除去できるわけではありません。
  
※脱臭性能及び集じん性能については、日本電機工業会規格JEM1467(家庭用空気清浄機) に基づき測定されています。

3.「JEM1467」って何ですか?

3.日本電機工業会で定める、家庭用空気清浄機に関する性能測定基準です。ここには、
  1. 空気清浄機の定義
  2. 各種性能の測定方法
  3. 性能基準値
  4. 性能値換算方法および目安表

などがあります。
日本電機工業会加盟メーカーは、この基準に従い測定しています。
JEM1467では、空気の汚れの目安として測定の再現性が得易いタバコを使っています。
「タバコ5本分の煙に含まれている粒子成分とガス成分」を1日分の空気の汚れとしていますが、これは実態の汚れより厳しい条件として考えています。従って各種性能実験においても、空気の擬似汚れとしてタバコの煙を使用しています。

  

4.フィルター寿命は喫煙本数によって変わるのですか?

4.フィルター寿命は、Q.3で記載のタバコ5本分の煙を使った測定結果から算出しており、フィルター性能が初期の50%以下になった時点をもって寿命としています。
従って例えば空気清浄機に1日タバコ20本分の煙を吸い込ませ続けた場合、フィルター寿命は計算上1/4になります。また喫煙者のいないご家庭の場合は、平均的なチリ・ホコリ及びニオイ成分の複合的な空気の汚れと仮定し、製品のカタログや取扱説明書に記載されている交換年数を寿命の目安としてください。

5.脱臭性能ではどんな成分を測定対象としているのですか?

5.タバコの煙に含まれるガス成分の内、アンモニア・アセトアルデヒド・酢酸です。

  

6.測定対象の3つのガス成分は生活の中でどのようなニオイに含まれているのですか?

6.生活の中にあるニオイは状況により成分構成が異なる場合がありますが、下記の表を目安にしてください。

  

7.清浄時間の目安を教えてください。機器によって違いってあるのですか?

7.清浄時間の目安は、清浄方式の違いによって異なることがありますので、詳しくは店頭(カタログ)もしくは、各メーカーにお問い合わせください。

                                

8.「空気清浄機の日」が1月19日となった由来は?

8.空気清浄機の認知度向上と正しいご理解を図り、2006年1月19日を初年度としてスタートします。「いいくうき」として覚えてください。 花粉の飛散時期が春先に多くなり、空気清浄機の需要も比較的多くなります。
その時期の前に、空気清浄機を正しく知っていただきたく日本電機工業会によって設定されたものです。

  

9.使い終わったフィルターはどのように廃棄したらいいのですか?

9.ほとんどは「一般ゴミ」として扱えますが、処理方法が異なる場合がありますので、お住まいの自治体で確認されることをお勧めします。 その際、フィルターの材料成分を聞かれますが、商品の取扱説明書で確認いただくか、メーカーにお問い合わせください。

  

10.各社のカタログなどで 『「PM2.5」対応』 と記載されていますが、どういう意味ですか?

10.JEMAで定めた基準に則り、「0.1~2.5μmの粒子を99%」除去できる性能を持った家庭用空気清浄機の事を「PM2.5対応」としております。
⇒ 詳しい測定方法はこちらをご覧ください。