コンテンツ・メニュー

メニューをスキップ

重電意匠専門委員会 特別講演会 「人と技術をつなぐプロトタイピング」

2022.08.17
一般社団法人 日本電機工業会
重電意匠専門委員会

一般社団法人日本電機工業会(JEMA)重電意匠専門委員会は、重電産業機器のプロダクトデザインや発電所などの監視制御室のユニバーサルデザイン、UIデザインなどに関する業界規格・技術資料の発行をとおして、事業の進歩発展を図っております。

現在、電機機器の製造業を取り巻く環境が、モノ消費からコト消費、プロダクトのサービス化などを背景に変化していく中でデザインに期待される役割もまた変化しております。このような状況を踏まえ、電機機器メーカーが次期製品デザインを検討する上でのアイデアを得る機会を提供する目的で、昨年「拡張するデザイン ~BtoB領域でのサービス開発~」と題した講演会を実施いたしました。ご好評につき今年も新たな講師をお招きし、「人と技術をつなぐプロトタイピング」を題目とする特別講演会を開催することと致しました。

ぜひ多くの皆様にご参加いただきたく、ご案内申し上げます。

日時

2022年10月3日(月) 14:00~15:15

開催方法

Webinar形式にて開催(Microsoft Teamsを使用します)

講演会 プログラム

時間 講演名 講師
1 14:00~14:05 開会挨拶
重電意匠専門委員会の紹介
末松 亘
重電意匠専門委員会 委員長
(株式会社明電舎)
2 14:05~15:05 講演
「人と技術をつなぐプロトタイピング」
山中 俊治 様
デザインエンジニア/
東京大学 大学院情報学環・生産技術研究所
教授
3 15:05~15:15
質疑応答

参加費

無料

申込方法

こちら からお申し込みください。

 ※ お申込みに当たっては当会の個人情報保護に関する基本方針(プライバシーポリシー) をご確認下さい。
 ※ お申込みの方には9月28日(水)を目途に、別途メールにて参加用URLをご連絡いたします。
 ※ 講演会終了後、参加お申込みの方にアンケートをお送りいたしますので、ご協力をお願いいたします。
 ※ なお接続人数に制限があり、ご希望に添えない場合もあります。予めご承知おきください。 

申込締切日

2022年9月26日(月)

こんな方にお勧めいたします

・ B to Bプロダクトの開発に関わるデザイナーやエンジニアの方
・ デザイン業務で新しい付加価値を出したい方
・ リサーチ、課題定義からプロダクト開発に関わっていきたい方
・ デザイナーやデザインを取り巻く環境について知りたい方

講師プロフィール

山中 俊治 (やまなか しゅんじ)様
デザインエンジニア/東京大学 大学院情報学環・生産技術研究所 教授

1957年愛媛県生まれ。1982年東京大学工学部産業機械工学科卒業後、日産自動車デザインセンター勤務。1987年よりフリーのデザイナーとして独立。1991~94年まで東京大学助教授を務める。1994年にリーディング・エッジ・デザインを設立。2008~12年、慶應義塾大学政策・メディア研究科教授。2013年4月より東京大学教授。デザイナーとして腕時計から鉄道車両に至る幅広い工業製品をデザインする一方、研究者としてロボットや義足の開発に携わる。
2001年にドイツiF Design Award、2004年に毎日デザイン賞受賞、2006年グッドデザイン賞金賞受賞、2021年A' Design Awardにて最高賞Platinum受賞など。2010年「tagtype Garage Kit」がニューヨーク近代美術館パーマネントコレクションに選定。
主な著書に『フューチャー・スタイル』(アスキー、1998年)、『デザインの骨格』(日経BP社、2011年)、『カーボン・アスリート 美しい義足に描く夢』(白水社、2012年)、『デザインの小骨話』(日経BP社、2017年)、『だれでもデザイン 未来をつくる教室』(朝日出版社、2021年)などがある。



注:都合により、講演者、内容、順序を変更させていただく場合がございます。

【本講演会に関するお問い合わせ先】
技術戦略推進部(担当:澤上)
Tel:03-3556-5884