コンテンツ・メニュー

メニューをスキップ

FL-netとは


FL-netとは、Ethernetを採用し、コモンメモリシステムを基本とする産業用オープンネットワークです。Ver.2のコントローラレベルに加え、コモンメモリシステム上に搭載する入出力機器定義を仕様化し、Ver.3では、デバイスレベルにも対応しました。ネットワークのフラット化が実現可能です。

マルチベンダ環境の実現が非常に容易

 ■ 日本発のオープンネットワークとして国内31社がサポートしています。
 ■ マルチベンダでのコントローラシステムとして実績が多数で、高い評価を受けています。

ユーザ指向の使いやすい仕様と性能

 ■ 特定局に依存しないコントローラシステム構築が容易です。
 ■ リフレッシュの定時性を保証しているため、リアルタイム制御システム構築が容易です。
 ■ 相手局のアプリケーションを知らなくてもデータのやり取りが可能です。

標準化、認証体制の確立

 ■ 国内の認証サイト試験により認証を行います。