コンテンツ・メニュー

メニューをスキップ

認証制度

日本の認証制度

■ 太陽電池モジュールの認証

日本では、2003年にJET(一般財団法人電気安全環境研究所)にて、太陽電池モジュールの認証事業が開始されました。

2016年現在、JET及びTUV Rheinland Japanが太陽電池モジュールに関する日本のNCB(認定機関)及びCBTL(試験所)として認定を受けており、適合性証明書等を発行することができます。

また、ドイツ、アメリカなどでNCBとして認定されているVDE、UL等による認証も行われており、IECEE(※)のスキームに則り、IEC61215やIEC61730の認証が行われています。

(※) IECEE:IEC system for conformity testing and certification of electrical equipment

国際認証スキーム

JET及びTUV Rheinland Japanは、IECEEのCB-FCS(full certification scheme)制度の認定を受けています。この制度では、認証機関が発行する適合性証明書等により、参加している海外機関の認証手続きを簡略化することができます。

IECEE CB-FCS概要

IECEE(IEC 電気機器・部品適合性試験認証制度)は、IECEEで承認されたNCB(国内認証機関)が、国際規格(IEC規格)に基づいて家庭用電気機器の安全性試験を行い、この規格に適合していることを示す証明書(CB証明書)を発行し、このCB(認証機関)証明書を利用して、各国の電気機器安全認証手続きを簡略化し、貿易の促進を図ることを目的としています。CB制度に工場検査を含めたものが、IECEE CB-FCS(Full Certification Scheme)です。

IECEEに加盟できるのは1国1機関と限定されており、日本では日本工業標準調査会(JISC)が加盟しています。日本でNCBとして認められているのは、一般財団法人電気安全環境研究所(JET)、一般財団法人日本品質保証機構(JQA)、テュフ ラインランド ジャパン、UL Japanです。各機関は国内外にCBTLを持ち、実質的な運営を行っています。

IECEE CB-FCS概要


さらに、上述の製品認証(IECEE)を活用し、太陽光発電システムの計画からシステム稼働性能評価まで含めたシステム全体の評価システムの構築(IECRE)が進められています。

IECEE CB-FCS概要