コンテンツ・メニュー

メニューをスキップ

JEMAの取組み

JEMAでは、業界団体として、電力の安定供給や省エネルギーなど社会に貢献できるスマートグリッドのあり方、展開方針の検討、市場の拡大、海外インフラ輸出などに関して、政府等への助言・提言を行っています。発・送電分野や家庭分野など分野を跨ぐスマートグリッドに関する情報の共有及び横断的対応を実行する為に、2010年6月に重電部、技術部、家電部および新エネルギー部で構成するスマートグリッド統括室を設置し、スマートグリッドに関連する会員メーカーによる「スマートグリッド委員会」の活動を開始しました。

JEMA各部におけるスマートグリッド関連の事業については、スマートグリッド統括室構成員を通じて情報を共有、スマートグリッド統括室は全体状況を把握して各部門のベクトル合わせを実施しています。

スマートグリッド委員会では、共通化・標準化や事業化・市場拡大への課題や要望の整理・対応内容の検討や関連情報・動向の共有等の活動を行っており、2017年3月時点で電機メーカー8社で構成されています。2015年からは、ECONET規格、ECONET-liteなどHEMS関連動向に対応する為に、HEMS専門委員会及び傘下に3つの分科会(太陽光発電/蓄電池/エアコン)を設置、2016年には更にHEMSコントローラ分科会、HEMS普及WG及び接続課題検討TFを新設して、情報共有及び対応に当たっています。

図5 スマートグリッドに関わるJEMAの体制


【図5】 スマートグリッドに関わるJEMAの体制