コンテンツ・メニュー

メニューをスキップ

震災によって被害を受けた場合の定置用蓄電システムの取り扱い上の留意点

2016.05.11

今回の熊本・大分地方を震源とした震災により被災されました皆様には心よりお見舞い申し上げます。

蓄電システムが地震や建物の倒壊などによる被害を受けた際の取り扱い上の留意点について、蓄電システム業界としての見解をまとめましたので、どうかご活用下さい。

震災によって被害を受けた場合の定置用蓄電システムの取り扱い上の留意点PDF150KB
getacroPDFファイルを閲覧するためにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerの最新版は、
Adobe社のホームページからダウンロードすることができますのでそちらから入手してください。