コンテンツ・メニュー

メニューをスキップ

変圧器等電気機器付属温度計・油面計・圧力計 放射線障害防止法の改正にともなう
廃棄処理の適正化について

国際原子力機関(IAEA)は、「電離放射線に対する防護及び放射線源の安全のための国際基本安全基準」(BSS)を1996(平成8)年に刊行し、その中で放射線の防護と安全について、規制免除に関する具体的基準である国際基本安全基準免除レベルが提示されました。

2005(平成17)年6月1日に施行された「放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律の一部を改正する法律」(改正放射線障害防止法)では、この国際基本安全基準レベルが導入されています。

これにより、従来規制対象ではなかった放射性同位元素装備機器や密封線源(機器等)で、新たに規制対象となる場合があります。

一般社団法人日本電機工業会(JEMA)では、JEMAの取扱い製品のうち変圧器、計器用変圧器、リアクトル、計器用変圧変流器等の機器メーカについて、放射性同位元素の使用について調査を実施しました。その結果、昭和20年代から40年代に製造した変圧器等の電気機器に付属しているダイヤル温度計・油面計・圧力計の文字盤・指針の一部に、放射性同位元素を用いた自発光性夜光塗料を使用した計器があり、機器メーカ6社において14,000台程度の納入実績のあることが明らかになりました。(但し、これらの機器の放射能量は0.2MBq程度と低く、従来法では規制対象外でした)

改正法では、従来規制対象ではない放射性同位元素装備機器や密封線源(機器等)で、新たに規制対象となる機器等において、2007(平成19)年3月末までに製造されたものは、「不用となった場合の廃棄についてのみ」規制されています。よって、該当するダイヤル温度計・油面計・圧力計については、引き続き使用することには問題ありませんが、不法廃棄した場合には法律で罰せられますので十分ご注意ください。

【ダイヤル温度計・油面計・圧力計等が不用となり廃棄される際の留意点】
 
  1. 機器メーカ各社のホームページ等にて、ダイヤル温度計等に放射性同位元素を用いた自発光性夜光塗料が塗布されているか確認してください。
  2. 放射性同位元素を用いた自発光性夜光塗料が塗布されている場合には、当該計器の取外し及び引渡し部位に関して機器メーカ各社の指示に従い、引渡しの準備を行ってください。
  3. 放射性同位元素を用いた自発光性夜光塗料が塗布されている、使用されなくなったダイヤル温度計・油面計・圧力計等に関しては、(社)日本アイソトープ協会にて以下の手順で引取られております。
            <引取り手順>
    • ①温度計等の製造元、種類、形状、個数等が分かるよう情報(書類、写真等)を
          (社)日本アイソトープ協会 放射線源課へご提出ください。
    • ②(社)日本アイソトープ協会にて引取可能と判断された場合は、
          同協会より引取りに必要な書類が送付されます。
    •  社団法人日本アイソトープ協会 放射線源課
       TEL 03-5395-8031 FAX 03-5395-8054
       Email:info-sengen@jrias.or.jp

JEMA としては、該当計器が関連ユーザー各位から(社)日本アイソトープ協会にスムーズに引取られるようバックアップしていく所存ですので、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

関連リンク先
(株)高岳製作所
(現:(株)東光高岳)
http://www.tktk.co.jp/company/environment/
(株)東芝 http://www.toshiba.co.jp/sis/ri/index_j.htm
(株)日立製作所 http://www.hitachi.co.jp/products/power/information/20050613.html
三菱電機(株) http://www.mitsubishielectric.co.jp/corporate/eco/info/info03.html
富士電機(株) http://www.fujielectric.co.jp/about/important/11100101/index.html
(株)明電舎 http://www.meidensha.co.jp/csr/csr_07/csr_07_02/index.html
本件に関するJEMAお問合せ窓口
一般社団法人 日本電機工業会 重電部 重電企画業務課
TEL. 03-3556-5885  FAX. 03-3556-5890