コンテンツ・メニュー

メニューをスキップ

ユーザ調査事業

加速器特別委員会では、加速器の民間利用の実態や今後の展開の可能性を考察することを目的とする調査事業を実施しております。これまでに実施した調査事業の概要は以下の通りです。

2013年度:治療用加速器の市場調査

加速器特別委員会では、2005年度の調査事業として「医療用器械向け加速器の使用状況調査」を実施しました。それから8年が経過し、陽子線や重粒子線を用いたがん治療施設の数は増加し、一般の方々の認知度も飛躍的に高まっております。また、加速器を用いたホウ素中性子捕捉療法(BNCT)等の新たな技術も開発され、一般に供されようとしており、加速器を用いたがん治療に対する期待は年々高まってきております。

このような現状を踏まえ、加速器特別委員会では2013年度調査事業として、特に治療に供される加速器に焦点を当て、2005年度の前回調査時点から現在に至るまでの国内市場の環境変化、今後の見通し等について調査を実施致しました。

「調査報告書の概要版」はこちらPDF866KB

本報告書本編はJEMAオンラインストアで有償頒布しておりますので、ご活用いただきますようよろしくお願いいたします。

JEMAオンラインストア 

これまでに実施した調査事業