• 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
点検時期のお知らせ機能について


特定保守製品の製品自体に点検時期の到来をお知らせする機能を内蔵している機種があります。
点検時期をお知らせする方法は、メーカー、製品、機種によって異なりますが、以下のような表示やランプが点灯・点滅した場合、法定点検を受けて頂く時期を迎えた可能性があります。
普段と異なる表示やランプにお気付きの場合は、取扱説明書をご確認頂き、点検時期が来ている場合やご不明な場合は、特定製造事業者等へお問合せください。


Q&A


なぜ点検お知らせ機能がついているのですか?

法律上の製品所有者の責務である「所有者情報の登録」や途中で製品の所有者や所在が変更になった場合は、特定製造事業者等から適切な時期に点検通知を発送することができません。
そのようなケースの対応として製品で使用期間を検知し、点検時期の到来をお知らせする機能を内蔵しています。
また、点検通知が届いていても、点検通知の返送等のご連絡がない場合は、お知らせ機能が点灯・点滅します。

点検お知らせ機能がついている機種とついていない機種があるのはなぜですか?

「点検時期のお知らせ機能」は、法的な搭載義務はなく、各特定製造事業者等の自主的な取組みとなります。

点検時期お知らせ機能は、いつ頃、点灯・点滅するのですか?

通電後から概ね設計標準使用期間を目安として点灯・点滅します。

点検時期お知らせ機能が点灯・点滅した後も、そのまま使用できますか?

点検おしらせ機能は、法定点検の時期をお知らせするものですので、引き続き使用しても直ちに安全上の支障があるものではありませんが、設計標準使用期間を超えた長期間のご使用に伴い、部品の劣化や磨耗により火災やけが等に繋がるおそれのある事故発生のリスクは増加していきます。
長期使用製品安全点検制度の趣旨をご理解頂き、点検おしらせ機能が点灯・点滅している場合は特定製造事業者等にご連絡ください。

「点検時期のお知らせ機能」とは異なる表示やランプが点灯・点滅している。

通常の運転時でもランプは点灯・点滅しますが、製品の異常を知らせるエラーコードが表示されている可能性もあります。先ずは取扱説明書でエラーコードに該当するかどうかをご確認ください。(エラーコードに該当しなければ通常運転による点灯・点滅です)
ご不明な場合は特定製造事業者等にお問合せください。

点検を受けずにお知らせ表示を停止させることはできますか?

特定製造事業者等にお問合せください。

点検通知が届き、点検は受けないと連絡した。それでも「点検時期のお知らせ機能」は点灯・点滅しますか?

「点検時期のお知らせ機能」を解除しない限り、点灯・点滅します。「点検時期のお知らせ機能」の解除については特定製造事業者等に お問合せください。

賃貸物件に付いていた特定保守製品の「点検時期のお知らせ機能」が点灯・点滅した。どうしたら良いですか?

法律上、賃貸物件に附属している特定保守製品の所有者は、基本的にその物件の持ち主(貸主)になります。(賃貸契約の内容により、異なる場合があります。)賃貸物件の管理会社や仲介の不動産会社等にご連絡下さい。

中古物件に引っ越して、転居先の特定保守製品を使用しようとしたら「点検時期のお知らせ機能」が点灯・点滅している。どうしたら良いですか?

前居住者が当該特定保守製品の点検を実施していない可能性があります。中古物件の場合では、法律上、その物件の購入者が製品の所有者になります。点検履歴等は製品に表示されている特定製造事業者等の連絡先にお問合せください。

「長期使用製品安全点検制度について」のページへ戻る
長期使用製品安全点検制度に関するよくある質問についてはこちら
  • ホーム
  • 長期使用の家電製品
  • 家電製品の正しい使い方
  • 長期使用製品安全点検制度について
  • 長期使用製品安全表示制度について
  • 重要なお知らせ
  • JEMAからのお知らせ