コンテンツ・メニュー

メニューをスキップ

IHクッキングヒーター

IHクッキングヒーター安全に関する注意事項

安全にお使いいただくために

IHクッキングヒーターを安全にお使いいただき、火災、やけど、爆発、感電などを防ぐために、下記のことを必ずお守りください。

IHクッキングヒーター 調理中の注意事項
  • 1. 揚げ物を調理するときには

    油は炎がなくても発火の恐れがあります。
    揚げ物中に発火する事例が発生していますので、下記の注意事項を必ずお守りください。

    • 本体のそばから離れないで下さい。
    • メーカー指定の油量を守り、調理して下さい。
    • 必ず揚げ物キーや揚げ物コースを選んで使用してください。
    • 取扱説明書記載の鍋を使用して下さい。

      なお、なべ底が反ったり変形したりしている場合は使用しないで下さい。

    • なべは加熱部の中央に置いて使用して下さい。
  • 2. いため物・焼き物を調理するときには

    使用する油量が少ないことから油温が急激に上がり、発火のおそれがありますので、下記の注意事項を必ずお守りください。

    • 本体のそばから離れないで下さい。
    • 予熱の火力は弱めにし、加熱しすぎないで下さい。
  • 3. 液体を加熱するときには突沸に注意してください。

    (水や調理物を加熱していると、突然沸騰して飛び散ることがあります。)

    • 温めなおしの際は、加熱前にお玉などでよくかき混ぜてください。また、加熱中もよくかき混ぜながら温めて下さい。
      • 特に、だし汁・みそ汁・カレー・牛乳などの汁物には注意してください。
  • 4. グリルを使うときは、発火に注意してください。
    • 使用後や連続使用時は、受け皿・焼き網に残った調理物・脂分を取り除いて下さい。
    • 本体のそばから離れたり、必要以上に加熱しないで下さい。(発火の原因になります。)
  • 5. 使用中・使用後のしばらくの間は、高温になりますので、次の高温部には触れないで下さい。
    • トッププレート(ガラス部)
    • グリル(扉、庫内など)
    • 吸・排気パネルや、排気部

*その他の注意事項もございますので、ご使用の前には必ず取扱説明書をお読みください。

IHクッキングヒーター 全般の注意事項
  • 1. 必ず電源スイッチ(本体主電源)を切ってください。
    • 長時間使わないときは ブレーカーも切ってください。
  • 2. トッププレート(ガラス部)について
    • 鍋やフライパン以外の物を置かないで下さい。
      • 特に、カセットコンロ、ボンベ、缶詰などを誤って加熱すると爆発のおそれがあります。
      • アルミ箔なべ、レトルトパックやアルミ箔、鍋のふたなどは、加熱によるやけどや発火の原因になります。
    • 強い衝撃(上に乗ったり、物を落とすなど)を加えないで下さい。

      ひびが入ったり割れたりした場合には、

      • 手を触れずに、電源スイッチ(本体主電源)とブレーカーを切って下さい。
      • 購入店、メーカー修理サービスセンターへ修理を依頼してください。
  • 3. トッププレート(ガラス部)の汚れ防止カバーなどは、ご使用しないでください。
    • 汚れ防止カバーを使用した場合、温度検知、空焚き防止機能が正常に働かないため、非常に危険です。
  • 4. 吸・排気パネルの上に物を置かないでください。
    • 異常を検知して加熱が止まることがあります。
    • グリル前面から煙が出たり、グリルの取っ手が熱くなることがあります。
  • 5. 医療用ペースメーカーなどをお使いの方は念のため医師とよくご相談ください。
    (製品の動作が、ペースメーカーに影響を与えることがあります。)

据付にあたってのご注意 (設置業者の方へ)

IHクッキングヒーター 据付にあたってのご注意
  • アースは確実に取り付けてください。
     万一の感電の防止のため、アースは必ず取り付けてください。
  • 定格容量以上の専用回路と漏電遮断機を設置してください。

*その他の注意事項もございますので、据付の前には必ず設置説明書をお読みください。

ガス機器から付け替える場合のご注意
  • ガス事業者に連絡しないでガス工作物(ガス配管、ガスメーター、ガス栓など)を
     無断で撤去することは法令により規制されています。
     事前にガス事業者へ連絡してください。また、閉栓はガス事業者に依頼してください。
  • IHクッキングヒーターとガスオーブンの組み合わせはできません。
     必ず各社指定の電気オーブンレンジと組み合わせてご使用ください。