コンテンツ・メニュー

メニューをスキップ

包装委員会の主な取り組み

2018.11.01

一般社団法人 日本電機工業会
包装委員会

一般社団法人日本電機工業会包装委員会では、家電製品の包装に関して、3Rの取り組み(環境負荷の低減)など、包装の適正化を相互に協調して進め、社会貢献や消費者への啓発活動を進めております。

 「環境配慮包装シンボルマーク」の表示について

家電製品における包装設計が、環境に配慮した包装をめざし努力していることを、製品をご購入された方や関係先に正しく認識していただくために、包装箱にシンボルマーク及び説明文を表示しています。
また、家電製品をより大切に扱っていただくためのシンボルマークの他に、省資源化した包装や、再生利用または再生利用しやすい材料を用いた包装、廃棄物処理性を容易にした包装などに各社判断にてマークを表示しています。


詳細はコチラ: 包装委員会の主な取り組み: 2.2MB

包装委員会 参画社名
シャープ(株) ソニー(株) ダイキン工業(株) 東芝ロジスティクス(株) パナソニック(株)
日立アプライアンス(株) (株)日立物流 三菱重工サーマルシステムズ(株) 三菱電機(株)
一般社団法人 電子情報技術産業協会 一般社団法人 日本冷凍空調工業会 一般財団法人 家電製品協会